早坂式吃音(どもり)改善術DVD 早坂菊子 幼少期 治療

早坂式吃音(どもり)改善術は販売終了致しました。

かわりといっては何ですが、早坂式吃音(どもり)改善術Dと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、吃音カウンセラーの宮崎一哉先生のわずか1日15分の治療法 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』です。

自らのどもり(吃音)だけでなく、これまで 389人のどもり(吃音)を改善してきた実績のある方法です。
一般的に言われている発声法の訓練や喋り方の矯正、言葉の置き換えによるどもり改善法は一切使いません。
今までどもりを改善できなかった本当の理由を知り、どもらない神経体質を作る解消法です。

実践されている方の86.7%の人がその高い効果を実感していらっしゃいますので、一度参考にされて見て下さい。


幼少期の吃音(どもり)

ここでは、幼少期の吃音(どもり)についての対処や対応などの、改善や治療する為に知っておきたいことについてお伝えしています。
今のお悩みの助けになれば幸いです。

幼少期の吃音(どもり)記事一覧

幼少期の吃音の特徴

幼少期の吃音の特徴をご存じですか?幼少期の吃音症は、言葉を出しはじめた2、3歳頃から出はじめることが多いと言われ、最初は「ごご…ごはん」というような言葉を引き伸ばすような伸発のお子さんも多いようです。はじめは、そういったお子さんのどもりをかわいいと感じてしまうものですが、幼稚園に入園する頃になり、ど...

≫続きを読む

 

吃音に向き合う

子供が幼少期の頃には、どのようにご両親が吃音に向き合えば良いのでしょうか?私が思うには、幼少期の4歳くらいなら吃音を隠さないで向き合うことが良いかと思います。子供と親が一緒に向き合うことで、親は子供の吃音に悲観的にもならずにすみ、子供もしだいに吃音に向き合えるようになってくるのではないでしょうか。ご...

≫続きを読む

 

吃音の子供に親が出来ること

幼少期の吃音の子供に親が出来ることは何があるのでしょうか?もちろん、子供をしっかり愛することの他に親が出来ることは、自分の思いなどを表現する力を育ててあげることではないかと思います。例えば、色々な絵本を沢山読んであげたり、絵を描いたり、歌を歌ったりと幼少期の頃からそのような表現する力を育ててあげたい...

≫続きを読む

 

吃音が始まった頃に大切なこと

幼少期の吃音の症状が出はじめた頃に大切なことは何でしょうか?幼少期の吃音は症状が進行したり、戻ったりしながらも、そこから治って行くものと、自然には治らないもにのに分かれます。その為、その時々によって「症状の波」があるということを知っておくことが大切なんです。月単位で出たりでなかったりすることがあまり...

≫続きを読む

 

自由に話せる環境を調整しょう。

幼少期の子供に吃音の症状が見られる場合は、自由に感情や意志が出せるように環境を調整することが大切です。保育園、幼稚園、学校など可能な限り協力してもらうようにすると良いのですが、やはり中心となるのが家庭環境です。この環境には、言葉に関わるものとしつけや親子関係などがあり、これらを同時に整えていく必要が...

≫続きを読む

 

吃音を真似されたら

吃音を真似されるということはありませんか?特に、お子さんが保育園や幼稚園の年中(5歳)くらいになったら、周りの友達も気づき、吃音を真似し始めることがあります。最初は、いつも一緒に遊んでいる友達からです。これは悪気があってしているのではないので、大人であるお母さんが「わざとじゃないから、真似しないでね...

≫続きを読む

 
 
実践者の声 幼少期の吃音 学童期の吃音 大人の吃音 リンク集