真似 早坂式吃音(どもり)改善術DVD 早坂菊子 幼少期 治療

早坂式吃音(どもり)改善術は販売終了致しました。

かわりといっては何ですが、早坂式吃音(どもり)改善術Dと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、吃音カウンセラーの宮崎一哉先生のわずか1日15分の治療法 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』です。

自らのどもり(吃音)だけでなく、これまで 389人のどもり(吃音)を改善してきた実績のある方法です。
一般的に言われている発声法の訓練や喋り方の矯正、言葉の置き換えによるどもり改善法は一切使いません。
今までどもりを改善できなかった本当の理由を知り、どもらない神経体質を作る解消法です。

実践されている方の86.7%の人がその高い効果を実感していらっしゃいますので、一度参考にされて見て下さい。


吃音を真似されたら

吃音を真似されるということはありませんか?
特に、お子さんが保育園や幼稚園の年中(5歳)くらいになったら、周りの友達も気づき、吃音を真似し始めることがあります。

 

 

最初は、いつも一緒に遊んでいる友達からです。
これは悪気があってしているのではないので、大人であるお母さんが「わざとじゃないから、真似しないでね」とその場で説明しましょう。

 

 

また、話し方が「へんなの」と指摘されたりすることも当然あります。
「これがこの子の話し方だよ、一緒に遊んであげてね」と説明するお母さんの姿を子供は見ているものです。

 

 

当然、大人が説明できなければ子供も出来るはずがありませんよね。
また、友達の親を知っているようなら、吃音のことを伝えておくことが必要です。
これは保育園や幼稚園の先生にもです。

 

 

ただ、幼稚園などで先生に話したとして、良く見られるケースに、「園ではどもってないですよ、お母さんの心配しずぎでは?」と言われることもあります。
親御さんにしてみれば、何で家で良くどもるのだろうと思ってしまうことでしょう。

 

 

これは、園では単音や単語で済むことが多いので、吃音が目立ちにくいのです。
逆に言えば、長く話せば話すほど吃音が増えてくるわけです。

 

 

お母さんや友達の前で吃音が多いということは、話したいことがたくさんあるからです。
いずれにしても、吃音は伝えないと分かってもらず、大人に真似されることだってあるんです。

 

 

先生と言えども吃音の最新の正しい知識があるとは限りません。
その為、誤った対応を親が指摘すると、「知らなかった」と言われることが良くあります。

 

 

このように吃音は誤解されやすいので、子供が進級、進学など新しい環境に変わる時に正しい知識や対応を伝えることが、子供を誤解から守ることになります。
いずれにしても、子供が一人で解決できる年齢ではないので、親であるあなたが正しい対応をしていきましょう。

 

 

なお、先生には「真似やからかいを見つけたら注意お願いします」など、しつかり最初に伝え、接し方などプリントにして渡しておけば、先生も気をつけて子供を見てくれるでしょう。

 

 

この言語聴覚士 早坂菊子先生の早坂式吃音(どもり)改善術(DVD)では、吃音の子供が保育園や幼稚園に行きたがらない時に、親としてあなたがするべき行動が分かります。

 

言語聴覚士(教育学博士)が教えるどもっていても、苦しまないで済む方法!

 

               3ステップどもり(吃音)解消プログラムの詳細を見てみる

 

 
実践者の声 幼少期の吃音 学童期の吃音 大人の吃音 リンク集